トイレ交換!あなたのトイレは大丈夫?

トイレは新築の場合では、短くても10年ほどは十分に使えます。

ところが10年を過ぎると不具合、故障等が出てきてトイレ交換を考える必要がでてきます。便器自体の寿命は長いですが、温水洗浄便座(ウォシュレット)の不調やトイレタンクの部品の故障が先に起こるのが大体です。

トイレ交換の情報を掲載しませんか。

そこで1つ、気になることがあります。
修理と交換はどちらがいいのか、です。

Yahoo!知恵袋の専門技術を身につけましょう。

トイレの修理は本当に安いのかというと、トイレが流れにくい、タンクの継ぎ目から水漏れする、などの時は大抵修理を考えると思います。水道修理屋さんの広告なんかを見たりすると、何千円で修理ができる、と一見安く見えますが、これらは基本料金であることがほとんどです。


部品代と修理費用、それに出張費用などをあわせると、数万円が相場だったりします。

実は最新の節水型トイレに交換するほうが結果としては得だったりします。
今のトイレを10年使い続けたとします。そうすればやはり10年の間に最新のトイレがでます。

そして最新型にトイレ交換をすると、1年の水道代は前のトイレよりよくなります。

そして結果的には得できます。

ただこれは絶対というものではありませんので、よく考えてから修理か交換を決めたほうがいいです。

一言にトイレ交換と言ってもいろいろあると言うのは覚えておいて損はないです。
そして1つ注意で、すこしの水漏れを放っておいて、ある日突然大量の水が漏れ出し、修理するしか方法がなくなってしまうことがあり、交換のほうが得だったと言う人は結構いたりします。



なので少しだからと言って放っておくのはあまりよくありません。